メンズダイエット・筋トレの情報サイトです。男性向け健康情報をせっせと書いてます。

左
ダイエットで挫折しないために!折れないココロを育てる「レジリエンス」を調査男のダイエット入門!まず何から始めれば良いかわからない人へ筋肉痛発生のメカニズムを解説!筋肉痛緩和ケア糖質オフ・糖質制限ダイエットの基礎知識アレコレ管理人のホームジムがついに完成!気になる費用などすべて公開!筋トレだけで脂肪が燃焼!? EPOC (運動後過剰酸素消費)とは?サウナ道!略してサ道!サウナの正しい入り方やサウナ効果を調査スーツがビシッと似合う筋肉の作り方プロテイン初心者が個人的嗜好で選ぶ!一番美味いプロテインランキング!少しの工夫で健康的に痩せる!痩せる食べ方を伝授同じ摂取カロリーで太る人とスリムな人がいる現実…その理由とは?一流アスリートも実践。体幹トレーニングのメリットとは?睡眠負債とは?寝だめは効果ない?ある?調べてみた。夏に走る「夏ラン」の基礎知識アレコレバナナのこと見くびってた。お前すごいんだってな。朝型・夜型どちらが生きていく上で得なのか調査してみたメリットいっぱい!体が目覚める朝トレのススメ男らしい太くたくましい腕の作り方を徹底解説!リバウンド防止の鍵!体の飢餓状態を防ぐ!鍛える部位を日によって分ける、スプリットルーティンとは?
右
Adスポンサーリンク

2018.04.13  2017.07.27 効果はいかほど!?1日1食ダイエットのメリット・デメリット

1日1食ダイエットが数年前から流行っており、医師のなかにも推奨している人がいます。また、芸能人やアスリートにも1日1食しか食べない人がいます。

1.1日1食ダイエットのメリット

1日1食ダイエットのメリットは、以下のようなことが挙げられます。

メリット

・トータルの摂取カロリーが少なくなる
・胃を休めることができるので、体に負担が掛からない
・空腹時に成長ホルモンが分泌される

1-1.摂取カロリーが少なくなる

1日1食にすると、トータルの摂取カロリーはかなり少なくなるでしょう。1食で一気に大量に食べるとそうでもないのですが、普通はそれほど一気に食べることはできません。そのため、1日1食は必然的に摂取カロリーが減ります。カロリー収支がマイナスになるので、ダイエット効果があります。

 

1-2.胃を休めることができる

胃が空の時間が長いので、その間に胃を休めることができます。現代人の1日3食は食べ過ぎで、また胃を休める暇がないとも言われています。人体の構造は原始時代からそれほど変わっていないと言われますが、その時代はもちろん1日3食食べていません。狩りに成功すれば食べて、それ以外のときは空腹であってもそのままです。

このことから、人間は空腹の時にパフォーマンスが高くなると言われます。昔は空腹のときこそ狩りを成功させなければならなかったので、脳も体の機能も高まります。満腹時は消化にエネルギーが使われるので、脳も体も働きにくくなります。そのため、空腹の時間を持った方が良いと言われます。

 

1-3.成長ホルモン活性化

空腹時は成長ホルモンの働きが活発になります。空腹時は低血糖になりますが、その際に肝臓でグルコースが生成され、それが成長ホルモンの分泌をもたらします。成長ホルモンが分泌すると体の機能が高まり脂肪燃焼効果が高まります。

 

 

2.1日1食ダイエットのデメリット

1日1食ダイエットはデメリットもあり、否定的な意見を持つ医師も多いです。現状まだはっきりしていない部分もあり、賛否両論です。1日1食ダイエットのデメリットとしては、以下のようなものがあります。

デメリット

・体が飢餓状態に陥るので、代謝が下がって脂肪をため込む身体になる
・空腹状態が続くと低血糖で頭が働かなくなる
・単純にお腹が空く

2-1.体が飢餓状態になる

体が飢餓状態になると、食べていないのに痩せにくくなります。摂取カロリーが不足している状態は人間にとって危機的状況なので、なるべく消費カロリーを抑えて長く生き残ろうとします。それゆえ、良く言えばエコ体質、悪く言えば痩せにくく太りやすい体質になります。

 

2-2.過度な空腹は頭が働かなくなる

空腹時には頭が働きやすくなりますが、過度な空腹は明らかに思考力を奪います。減量期のボディビルダーなどは普通に生活するだけでも低血糖で頭が働かない状態になっており、過度な糖質制限は思考を奪います。

 

2-3.空腹によるストレス

単純に空腹がストレスになります。お腹が空きすぎて物事に集中できなくなります。頭も働かないし、体も思ったように動かないこともあるでしょう。慣れると1日1食でも活動できるようになりますが、パフォーマンスが落ちているかどうかはわかりません。

 

 

3.1日1食にこだわらなくても良い

3-1.自分の体調や空腹状態に合わせる

1日1食にこだわるあまり、無理をするのはおすすめできません。そもそも1日1食には賛否両論あって、きちんと1日3食食べることを推奨する医師もいます。一長一短なので、ある程度臨機応変に取り組んでいくと良いでしょう。つまり、1日1食にも1日3食にもこだわる必要はなくて、自分の体調や空腹状態に合わせてコントロールしていけば良いのです。

 

3-2.自分の都合の良い理論を持って来る

お腹が空いていないときに無理に1日3食食べる必要はありませんし、逆にお腹が空いているのに1日1食にこだわる必要もありません。どうせ一長一短なので、両方のおいしいとこ取りするイメージで良いでしょう。自分の体調や空腹状態に合わせて都合の良い理論を持って来ると良いです。

 

3-3.1日6食

もっと言えば、なるべく分割して食べた方が良いという意見もあります。それが結果的に胃腸の負担を減らし、脂肪として蓄えられることを避けるという理屈です。

大会に出場するほどのトップビルダー達は、空腹による筋肉燃焼を予防するために1日6食の食生活を実践している人が多いです。

しかし、こういった特殊な理由がない限り、分割して食べてもまとめて1食で食べてもどちらでも良くて、明確な答えはありません。いろいろな理論があって一長一短なので、組み合わせて取り入れるのが一番おすすめの方法になります。

 

3-4.自分のこだわり > 家族や友人との食事

普通に生活していれば、自分の都合だけで食べられないこともあります。たとえば、ランチやディナーの付き合いがあることもあるでしょう。そういった際に、1日1食だからと断るのももったいないですし、そこまでしてこだわるメリットもたいしてありません。

ちなみに、1日1食ダイエットを行うときは夕食の1食にする人が多いです。これは、単純に夜は会食の機会が多く、日本人の生活スタイルに合うからです。

 

 

4.まとめ

どういった食事法を採用しても一長一短なので、こだわる必要はないということでした。1日1食に関しても、良いという意見もあれば悪いという意見もあります。実際のところ、トータルで同じ食事量なら何食で食べても大差ないということです。

Adスポンサーリンク