メンズダイエット・筋トレの情報サイトです。男性向け健康情報をせっせと書いてます。

左
筋肉痛発生のメカニズムを解説!筋肉痛緩和ケアメリットいっぱい!体が目覚める朝トレのススメ夏に走る「夏ラン」の基礎知識アレコレ少しの工夫で健康的に痩せる!痩せる食べ方を伝授一流アスリートも実践。体幹トレーニングのメリットとは?リバウンド防止の鍵!体の飢餓状態を防ぐ!ダイエットで挫折しないために!折れないココロを育てる「レジリエンス」を調査同じ摂取カロリーで太る人とスリムな人がいる現実…その理由とは?男らしい太くたくましい腕の作り方を徹底解説!スーツがビシッと似合う筋肉の作り方睡眠負債とは?寝だめは効果ない?ある?調べてみた。基礎代謝って何?正しい理解で肉体改造サウナ道!略してサ道!サウナの正しい入り方やサウナ効果を調査朝型・夜型どちらが生きていく上で得なのか調査してみた筋トレだけで脂肪が燃焼!? EPOC (運動後過剰酸素消費)とは?糖質オフ・糖質制限ダイエットの基礎知識アレコレストレスを溜めやすい人のパターンと、ストレス解消法をご紹介男のダイエット入門!まず何から始めれば良いかわからない人へ効果的に筋肉をつけよう!筋肥大メソッド!プロテインって何?種類や効果をわかりやすく解説!
右
Adスポンサーリンク

2018.04.01  2017.07.22 男の汗とニオイ対策! 夏に気になるニオイの解決法

気になる体臭の原因、それはあなたが毎日かく汗が関係していました!汗のニオイって気になりますよね。体臭って何が原因なのでしょうか?いろいろと調べてみると、ポイントは汗の質にあるようです。通常の汗はニオイがないのですが、汗の質が悪くなる生活習慣を続けていることで臭いニオイの原因となるのです。この記事では汗の質が悪くなる生活習慣、その改善方法などを紹介したいと思います。

1.汗にニオイの成分が多く含まれると臭くなる

1-1.汗腺は2種類

引用:花王

ニオイの元となる汗は皮膚の「汗腺」から分泌されます。汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類が存在します。

エクリン腺は全身いたるところに分布し、主に体温の調節をする役割があります。エクリン腺から出る汗は99%が水分といわれ、サラッとしています。残りの1%に塩分やアンモニアが含まれ、体が強いストレスを感じるとアンモニアの濃度が高くなりニオイの元となります。

アポクリン腺は脇の下や陰部、耳の中などにあり、緊張や興奮によってより多く汗を分泌します。アポクリン腺の汗はタンパク質や脂質、アンモニアなどが含まれ、ベタつきがあるのが特徴です。

 

1-2.汗そのものにニオイはない

汗は臭うというイメージがありますが、汗そのものにニオイはありません。汗をかいて皮膚に存在する常在菌と混ざり合うことでニオイの原因となります。汗をかいて時間がたつと常在菌が増えて、汗の成分の皮脂やタンパク質が菌により分解されることでニオイを発します。

特に脇などにあるアポクリン腺からでる汗は、ニオイの元となる成分が多く含まれます。脇の下は湿りやすく菌が増殖して、強いニオイを発しやすいです。アポクリン腺の数は遺伝によって決まるので、いわゆる「ワキガ」となる人とそうでない人では個人差があります。

 

 

2.肥満傾向にある人は汗の質が悪くて多汗なので臭くなりがち

肥満傾向にある人は痩せている人よりも体臭が強いことが多いです。肥満傾向にある人は食事の量も多く、取り入れた栄養素を消化しきれずに体外に排出されることが多くなります。消化しきれなかった栄養素が汗に混じる割合が多くなり、皮膚の常在菌が活発に働いてイヤなニオイを出すことになってしまいます。

また、肥満傾向にある人は体脂肪が多いため、体に熱をため込みやすくなります。脂っこい食事や、コレステロールの高い食事を続けていると、皮下脂肪・内臓脂肪がつきやすくなります。汗には熱を放出する役割があるため、体脂肪が多い肥満体型の人はそれだけ汗の量も多くなってしまいます。

 

2-1.肥満による多汗を防ぐには痩せるしかない。

体臭を予防するには肥満傾向にある体をシェイプすることが大切です。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が体脂肪を減らすには効果的です。1回の運動で長い時間を継続的に体を動かすことで、より脂肪が燃焼しやすくなります。できれば20分以上を目安に、毎日継続すると目に見えて痩せる効果を実感できると思います。

また、体脂肪を減らすには筋トレも効果的です。筋トレ自体はジョギングなどに比べて消費カロリーは多くないですが、筋肉量をアップさせることで基礎代謝をあげる効果があります。基礎代謝が上がるということは、なにも体を動かしていなくても脂肪を燃焼しやすい体質となり、その分だけ体脂肪を減量できるメリットがあります。

 

 

3.中高年の方はミドル脂臭という原因も考えられる

ミドル脂臭は30代半ばから40代の方に発生しやすい体臭です。ミドル脂臭は使い古した油のようなニオイで、主に後頭部を中心としてニオイを発します。ニオイの原因は「ジアセチル」という成分にあります。汗に含まれる乳酸が頭皮のブドウ球菌に分解されるとジアセチルを発生させ不快なニオイとなります。

ミドル脂臭は、運動不足やストレス、油っこい食事、疲労の蓄積などが原因といわれています。これらの原因は皮脂を過剰に分泌させ、頭皮の菌の繁殖をまねいてしまいます。若い頃にはサラッとしていた頭皮が、40代になるとベタッとした頭皮になりやすいのはジアセチルが原因です。このニオイは落ちにくく、後頭部のニオイであるため自分でも気づきにくい特徴があります。

 

 

4.腸内環境と食生活の改善がニオイ対策に効果的

4-1.腸内環境は体臭の元

腸内環境が悪いことで体臭の原因となることもあります。肉などの動物性タンパク質を過剰にとると、腸内環境に悪玉菌が増えてしまいます。腸内の悪玉菌はタンパク質を分解する際にアンモニアを発生させます。アンモニアは腸内で吸収されて血液にのって全身をめぐり、汗として体表面にあらわれて体臭の元となります。

食事で取り入れた栄養素が吸収されるのは主に小腸です。悪玉菌にのっとられて腐敗すると栄養の吸収がうまくいかず、食べ物の消化不良となります。便やガスが極端にクサイ人は腸内環境が悪化しているサインです。消化不良を甘く見てはいけません。あらゆる病気の原因は消化不良にあるといわれるくらい気をつけるべきポイントです。

 

4-2.腸内環境を良くするには

引用:腸内環境のすべて

腸内環境を良くするには食物酵素を取り入れることです。酵素は体内で消化や代謝を助ける役割があり「消化力=酵素力」ともいえます。たとえば食べ物を口の中で噛んでいると、唾液の中にあるアミラーゼという消化酵素が食べ物を分解して消化を助けますが、これも酵素の働きのひとつです。

酵素は熱に弱い性質があるので、加熱調理していない食べ物を取り入れるといいでしょう。たとえば、生野菜やくだもの、刺身などの加熱していない食品です。理想は食事全体の40%~50%を生野菜やくだものにすると酵素が十分に補えます。生野菜やくだものは食物繊維も豊富なので便通をうながし、腸内環境を整えるのにも最適です。

 

 

5.食事では脂質やタンパク質の効率の良い消化が大事

食事で取り入れた脂質やタンパク質を効率よく消化・吸収することも体臭予防に大切です。消化しきれなかった脂質やタンパク質が汗に混じることでニオイの原因となるからです。消化を助けるにはビタミン摂取を意識しましょう。ビタミンB2は脂質の代謝に関係し、ビタミンB6はタンパク質の分解に使われます。また、一度の食事で脂質やタンパク質を食べ過ぎないことも大切です。

タンパク質の消化を助ける食材にニンニクがあります。ニンニクやニラなどのニオイの強い食品はアリシンという成分が原因です。ニンニクを食べた後に歯磨きをしてもニオイがとれないことが多いのは、このアリシンが関係しています。アリシンは体内で血液に取り込まれるので、そのニオイ成分が発汗によって強いニオイを発するのです。

 

 

6.朝シャワー・入浴の習慣を意識するとニオイ対策はバッチリ

6-1.朝シャワー

人は眠っている間に、コップ一杯分の汗をかくといわれています。体に残った汗の成分が時間を経て、皮膚の常在菌に分解されることで体臭を発します。なので、朝起きてシャワーを浴びることで体臭の原因をリセットできます。とくにアポクリン腺が密集する、脇の下や性器の周辺をよく洗い流すことが大切です。

 

6-2.入浴

毎日のバスタイムは、シャワーだけで済ませるという人も多いと思います。しかし、しっかりと湯船に浸かって入浴することで、体の内側からの体臭予防に効果を発揮します。体臭がキツくなるのは、1日活動することで体に溜まった乳酸が関係しています。

体に乳酸が溜まると、汗に含まれるアンモニア濃度が増加して、アンモニア臭の強いニオイを発してしまいます。なので、ゆっくりと入浴することで体の乳酸を抜くことが大切です。湯船に浸かって血行を良くすることで、体に溜まった乳酸は減少します。入浴は夜の時間帯がいいでしょう。入浴することで乳酸が減り、その後も乳酸の減少が続く「乳酸減少期」の時間をとることができるので、夜の時間帯の入浴をオススメします。

 

 

7.普段から汗をかかない人は体の発汗機能が弱くなる?

エアコンの効いた室内で仕事をしている方や、普段からあまり運動をしない方は、汗を出す汗腺の機能が低下している可能性があります。汗腺の機能が低くなると、汗に含まれるミネラルやアンモニアの濃度が高まり、ベタッとした汗が皮膚に残ることになります。このベタッとした汗が皮膚の常在菌と混じることで嫌なニオイを出す原因となります。つまり普段から汗をかく習慣がない人が、いざ汗をかくと、体内に留まっていたニオイの元となる成分が一気に汗に混じって流れ出てしまうということになります。

 

7-1.半身浴

普段からあまり汗をかかない日々を送っている人は、汗腺を鍛えてサラッとした質の良い汗に変える努力をしましょう。オススメは半身浴です。湯の温度は38度~40度くらい。心臓よりも下のお腹あたりまでの湯に浸かりながら、20~30分を目安に入浴しましょう。また、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動も汗腺を鍛えるのに効果的です。

 

 

8.制汗剤はどんな種類があって、いつ使えばいいの?

8-1.制汗剤を使うタイミング

肌を清潔に保つには制汗剤を使うといいでしょう。制汗剤を使うタイミングは、汗をかいていない、清潔な肌の状態のときに使うのがベストです。制汗剤は汗腺の働きを抑えて汗を出にくくし、皮膚の常在菌が増殖するのを防ぐ効果があります。汗をかいてから時間がたって、菌が増えてから制汗剤を使っても効果は半減します。菌が繁殖する可能性が残っているからです。

制汗剤を使うタイミングは入浴した後の、肌が清潔な状態のときがいいでしょう。そうすることで、眠っている間に菌が繁殖することを防いで、朝に起きた時のニオイを軽減することができます。

 

8-2.制汗剤の種類

引用:花王

制汗剤にはスプレータイプ、シートタイプ、クリームタイプなどがあります。

スプレータイプは手を汚すことなく気軽に使うことができて便利です。スプレーパウダーが肌に付着することで汗を抑え、菌の繁殖を防ぎます。効果の持続性は弱く、汗をたくさんかくと制汗成分が流れてしまいやすいデメリットがあります。

シートタイプは外出先などでシャワーが浴びられないときに便利です。ベタついた肌を一拭きすることで、清潔な状態にリセットできます。シートタイプで汗を拭き取ってから、制汗スプレーを使うと清潔な肌を持続することができます。

クリームタイプは、とくにニオイの強い箇所に使用すると効果的です。消臭・殺菌効果が高いので、脇の下などのニオイの強い箇所において持続的に効果を発揮します。

 

 

9.まとめ

体のニオイが臭くなるのは、汗の成分が皮膚の菌に分解されることが主な原因です。肉や油分の多い食事をする人や、肥満傾向にある人は特に体臭が強くなる傾向があります。食事から取り入れた栄養分が過剰となり、汗に栄養分が多くなることで皮膚の常在菌が繁殖しやすくなります。また、普段から汗をかくことが少ない人は汗腺の機能が弱くなってしまいます。汗腺の機能が弱くなると、いざ汗をかいたときにニオイ成分が多く含まれた汗が出てしまいます。体臭の予防には食事の改善、運動不足の解消、普段から汗をかく習慣が大切です。もちろん体を清潔に保つことも基本的な心がけです。

Adスポンサーリンク