メンズダイエット・筋トレの情報サイトです。男性向け健康情報をせっせと書いてます。

左
サウナ道!略してサ道!サウナの正しい入り方やサウナ効果を調査ストレスを溜めやすい人のパターンと、ストレス解消法をご紹介鍛える部位を日によって分ける、スプリットルーティンとは?プロテイン初心者が個人的嗜好で選ぶ!一番美味いプロテインランキング!ホームジムの作り方!費用はパワーラック・床・鏡で総額〇〇〇万円スーツがビシッと似合う筋肉の作り方バナナのこと見くびってた。お前すごいんだってな。男のダイエット入門!確実に痩せる最短距離にして王道の方法メリットいっぱい!体が目覚める朝トレのススメ少しの工夫で健康的に痩せる!痩せる食べ方を伝授筋肉痛発生のメカニズムを解説!筋肉痛緩和ケア効果的に筋肉をつけよう!筋肥大メソッド!「トレラン」って何?トレイルランの魅力を大追跡!希少種!停滞期に試すべきプレス系大胸筋トレーニング5種目筋トレだけで脂肪が燃焼!? EPOC (運動後過剰酸素消費)とは?朝型・夜型どちらが生きていく上で得なのか調査してみた同じ摂取カロリーで太る人とスリムな人がいる現実…その理由とは?基礎代謝って何?正しい理解で肉体改造一流アスリートも実践。体幹トレーニングのメリットとは?プロテインって何?種類や効果をわかりやすく解説!
右
Adスポンサーリンク

国内通販サイトから買えるおすすめ筋トレ器具一覧

2020.04.28

国内通販サイトから買えるおすすめ筋トレ器具一覧

国内通販サイト(ゴールドジム)から買えて、なおかつ信頼性の高いプロ仕様のおすすめ筋トレ器具を金額やデータを比較しながら紹介していきます。

「海外からの輸入はハードルが高い」「国内から購入できる本格的なプロ仕様の商品は無いの?」という方におすすめの筋トレ器具を紹介します。
ホームジムを考えている方向けの記事です。
記事の信頼性
パーソナルトレーナーの資格を持つ僕自身がゼロからホームジムを作り上げた経験をもとに記事を書きました。(ホームジムの作り方管理人プロフィール)

1.筋トレ器具の選定基準や優先順位

選定基準
・プロ仕様
・国内から購入可能
・口コミ評価が高い
・定番人気商品
・通販で購入可能

筋トレ器具は安い買い物ではないので、トレーニーの間でも定番として認知されていて信頼性が高いプロ仕様の筋トレ器具を選定します。

バーベル・ダンベル系は基本「IVANKO」製のもの一択で紹介していきます。パワーリフティングの世界選手権やアメリカ国内の大会などではIVANKO製品が標準なので、間違いなく世界最高水準のトレーニングブランドです。

優先順位
1.ダンベル
2.アジャスタブルベンチ
3.ラバーマット
4.バーベルシャフト
5.バーベルプレート
6.パワーラック
7.スミスマシン
8.ケーブルマシン

ダンベルとアジャスタブルベンチがあれば全身を鍛えることができるので、最低限この2つは欲しいところです。元フィジーク世界王者のジェレミー・ブエンディアもダンベルトレーニングを重要視していました。この2つがあれば十分追い込めます。

購入先
ゴールドジム公式ECサイト( フットネスショップ )

筋トレ器具に関しては、購入先は楽天やamazonではなく、きちんとした専門店での購入をオススメします。フィットネスショップはあのゴールドジムの直営なので購入後のアフターサポートも安心です。

 

 

2.おすすめダンベル

ダンベルの種類

・通常のダンベル

・可変式ダンベル

ダンベルには2種類あり、1つは通常のジムに置いてある重量ごとに独立したダンベル。もう1つは省スペースでコンパクトに収納できる可変式のダンベルです。

今から紹介する商品は、どちらの種類もダンベル界でNo.1の知名度を誇るプロ仕様の商品です。

 

2-1.おすすめダンベル「IVANKO」

世界中のトップビルダーやアスリートたちが愛用しいてる、まさにプロ仕様の世界No.1のダンベルIVANKO(イヴァンコ)を紹介します。このダンベルをホームジムで使ってたらガチでヤバいです。良い意味で。

クロームダンベル ラバーダンベル
¥5,400〜¥64,800(税込) ¥32,400〜159,840(税込)
1〜20kg(ペア) 5〜60kg(ペア)

独立式のダンベルを購入する場合、床に直置きでも良いですがダンベルラックがあれば便利です。クロームダンベルで1〜10kg、ラバーダンベルで12〜30kgまで揃える場合を想定すると、下記のダンルラックで完璧に収納できます。

クロームダンベル用ラック ラバーダンベル用ラック
¥237,600(税込) ¥297,000(税込)
シルバー/ペイント シルバー/ペイント

 

2-2.おすめダンベル「パワーブロック」

可変式ダンベル界のNO.1ブランド「パワーブロック」を紹介します。その人気ゆえパワーブロックの模倣品が世界中で出回っていますが、フィットネスショップはパワーブロックの公式日本総代理店なので本物を購入可能です。

パワーブロック50(ペア) パワーブロック90(ペア) パワーブロック90PRO(ペア)
¥63,720(税込) ¥126,360(税込) ¥167,400(税込)
4.5〜23kg(50ポンド) 2.27〜40kg(90ポンド) 2.27〜40kg(90ポンド)

出展:パワーブロック90PRO(ペア)

 

 

3.おすすめベンチ

ダンベルだけあってもベンチ台がないと始まらないので、ベンチ台は必ず必要です。また、フラットベンチではなく、ベンチの角度を変えられるアジャスタブルベンチがオススメです。

通常のフラットベンチではダンベルプレスの際に大胸筋上部を鍛えることができません。逆三角形のカッコいいシルエットを作るには大胸筋上部を鍛えることが最優先事項です。

アジャスタブルベンチなら角度を変えてインクラインベンチが行なえますし、ショルダープレスなど肩を鍛えるときにも重宝します。

今回紹介するベンチ

・パワーテック

・タフスタッフ

・パワービルダー

補足ポイント

上記商品以外に「アディダス 」の¥25,000ほどで購入可能なベンチもありましたが、口コミ評価が悪く、作りもあまりよろしくないので却下させていただきました。

 

3-1.おすすめベンチ「パワーテック」

コンパクトで使いやすいパワーテックのアジャスタブルベンチは、背面の角度を8段階・座面の角度を4段階に調整でき、前後移動もスライド方式で可能な点がメリットです。

パワーテック ユーティリティベンチ
価格 ¥75,600(税込)
対荷重 270kg
角度調整 背面8段階・座面4段階
重量 32kg
サイズ 奥132×幅68×高119

 

3-2.おすすめベンチ「タフスタッフ」

RIZAPでおなじみのブランドです。タフスタッフはほぼ直角の81-82度まで角度調整が可能な点がメリットとして挙げられます。また角度調整がシンプルで扱いやすいのもメリットです。

フラット&インクラインラダーベンチ DXマルチパーパスベンチ
価格 ¥81,000(税込) ¥113,400(税込)
対荷重 272kg 362kg
角度調整 背面7段階・座面3段階 背面9段階・座面2段階
重量 30kg 37kg
サイズ 奥137×幅69×高124 奥145×幅69×高105

 

3-3.おすすめベンチ「パワービルダー」

熟練の職人による完全国内生産のアジャスタブルベンチです。品質も価格も最高グレードです。対荷重は驚異の1000kg(1t)!そんなに必要かと疑問に感じるほどの耐久性ですが、素晴らしい品質です。移動用キャスター付きなのも嬉しいポイント。

20万円以上の最高級ベンチにも関わらず、注文から入荷まで2-3ヶ月待ちという人気商品になっています。

パワービルダー アジャスタブルベンチ
価格 ¥226,800(税込)
対荷重 1000kg
角度調整 背面7段階・座面4段階
重量 42kg
サイズ 奥137×幅70×高120

 

 

4.おすすめラバーマット

4-1.おすすめラバーマット「アクティブロック」

硬度も十分にあり、ゴールドジムでも採用されているラバーマットです。

僕のホームジムスペース(縦4.5m×横3.6m)の広さで計算すると、端のいらない部分を自分でカットするとして、約48枚ほど必要で、総額¥217,728で購入可能です。僕が買ったラバーマットと比較すると、30%以上割安です。

アクティブロック ラバーマット
価格 ¥4,536(税込)
大きさ 61cm×61cm
重量 3kg

 

 

5.おすすめバーベルシャフト

5-1.おすすめバーベルシャフト「IVANKO(イヴァンコ)」

シャフトの耐久性をはかる単位で引張強度(PSI)があります。190,000〜220,000PSIが最も耐久力が高いという研究結果が出ていて、この数字は低すぎても高すぎても金属の耐久力が落ちます。この範囲の中で200,000PSI以上の強度があれば、そのバーは半永久的に使用できると言われています。

今回紹介する4つのシャフトのうち、上位モデル2つは218,000PSIというバケモノ級のシャフトです。僕が買ったローグのThe Ohio Barが190,000PSIなので、それ以上です。

IVANKO社の最高級バーベルであるOBX-20は世界最高グレードの「究極のバーベル」だと考えて良いと思います。これ以上のものは世界中探しても見つかりません。

もしOBX-20を買った場合は、僕にも1度使わせてください(笑

OT-20 COT-20 OB-20 OBX-20
価格 ¥59,400 ¥75,600 ¥124,200 ¥135,000
重量 20kg 20kg 20kg 20kg
対荷重 160kg 350kg 450kg 600kg
PSI 不明 不明 218,000 218,000

 

5-2.アームカール用バーベルシャフト

上腕二頭筋や上腕三頭筋を鍛える際にストレートバーでは手首に過度な負担がかかりケガや故障のリスクにつながります。適切な手首の角度でトレーニングを行えるよう計算されたこのアームカールバーならケガのリスクを軽減できます。

 

 

6.おすすめバーベルプレート

もちろんバーベルプレートのおすすめも「IVANKO」です。

 

6-1.おすすめバーベルプレート「IVANKO」

ラバー仕上げとペイント仕上げの2種類を紹介します。

イージーグリッププレート ラバーEZプレート
¥5,940〜¥42,120(税込) ¥1,944〜¥27,000(税込)
5〜20kg 1.25〜20kg

 

6-2.セット商品

IVANKOラバープレートのセット商品がありました。

125kgセット 175kgセット
¥187,065(税込) ¥262,656(税込)
20kg×2
15kg×2
10kg×2
5kg×4
2.5kg×4
1.25kg×4
20kg×2
15kg×4
10kg×4
5kg×4
2.5kg×4
1.25kg×4

 

6-3.バーベルプレート・シャフト収納

シャフトとプレートを収納するなら、この商品が便利です。

オリンピックプレートツリー
価格 ¥43,200
重さ 25kg
サイズ 幅66×奥66×高103

 

 

7.おすすめパワーラック

7-1.パワーラックセット

パワーラックを購入するということは、

バーベルシャフト・バーベルプレート・ラバーマット・ベンチ

も合わせて購入する場合がほとんどだと思います。そういった方におすすめのセット商品を見つけました。

パワーラックやベンチはRIZAPでもおなじみ「タフスタッフ」。バーベルプレートやシャフト、ラバーマットは信頼の「IVANKO」です。

パワーラックセット
¥879,876
・パワーラック
・ハイロープーリーアタッチメント
・ベンチ
・バーベルプレート収納
・カラー
・スクワットパッド
・ラバーフロア
・バーベルシャフト(20kg)
・バーベルプレート(102.5kg)

金額面は、個別で購入した場合と大差なかったです。

 

7-2.おすすめパワーラック「タフスタッフ」

RIZAPをはじめ、多くのパーソナルジムで採用されている「タフスタッフ」のパワーラックです。ハイロープーリーアタッチメントがある点が大きなメリットです。

パワーラック ハイロープーリーアタッチメント
価格 ¥199,800(税込) ¥156,600(税込)
重量 99kg 90kg
サイズ 幅130×奥145×高213

 

 

8.おすすめスミスマシン・ケーブルマシン

スミスマシンは「タフスタッフ」がコスパ最強です。パーソナルジムを始めようと考えている方で女性ユーザーをターゲットにする場合は、スミスマシンは女性ユーザーに人気があるのでおすすめです。

 

8-1.おすすめスミスマシン「タフスタッフ」

ベーシック コーナーマルチ アンサンブル
価格 ¥421,200(税込) ¥788,400(税込) ¥810,000(税込)
重量 177kg 295kg 411kg
サイズ 幅203×奥183×高213 幅203×奥168×高213 幅203×奥201×高213

コーナーマルチ アンサンブル に関しては、ケーブルマシンも付属しているので、トレーニングの幅が広がります。

 

 

9.まとめ

いかがだったでしょうか。ホームジム、筋トレ器具は男のロマンです。一生物の買い物なので、値は張りますが信頼性の高いプロ仕様のアイテムを紹介させていただきました。

コロナでジムも閉まり大変ですが、僕自身ホームジムがあるおかげで充実した毎日を送ることができています。

今回の記事を、筋トレ器具購入の選択肢として、お役立ていただければ幸いです。

Adスポンサーリンク