メンズダイエット・筋トレの情報サイトです。男性向け健康情報をせっせと書いてます。

左
サウナ道!略してサ道!サウナの正しい入り方やサウナ効果を調査プロテインって何?種類や効果をわかりやすく解説!ストレスを溜めやすい人のパターンと、ストレス解消法をご紹介同じ摂取カロリーで太る人とスリムな人がいる現実…その理由とは?「トレラン」って何?トレイルランの魅力を大追跡!管理人のホームジムがついに完成!気になる費用などすべて公開!ダイエットで挫折しないために!折れないココロを育てる「レジリエンス」を調査一流アスリートも実践。体幹トレーニングのメリットとは?基礎代謝って何?正しい理解で肉体改造糖質オフ・糖質制限ダイエットの基礎知識アレコレプロテイン初心者が個人的嗜好で選ぶ!一番美味いプロテインランキング!男のダイエット入門!まず何から始めれば良いかわからない人へスーツがビシッと似合う筋肉の作り方メリットいっぱい!体が目覚める朝トレのススメ筋トレだけで脂肪が燃焼!? EPOC (運動後過剰酸素消費)とは?夏に走る「夏ラン」の基礎知識アレコレ効果的に筋肉をつけよう!筋肥大メソッド!バナナのこと見くびってた。お前すごいんだってな。筋肉痛発生のメカニズムを解説!筋肉痛緩和ケア鍛える部位を日によって分ける、スプリットルーティンとは?
右
Adスポンサーリンク

2018.01.31  2017.06.23 ランニングの走り始めは息切れしやすい理由

ランニングの走り始めは、苦しいと感じる人は多いです。そこで息切れしやすい理由と、息切れにならないための対処法をお伝えします。特にダイエットでランニングを取り入れてみたい人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.なぜランニングの走り始めは息切れするの?

1-1.体力が追いついていないから

ランニングを続けている人でも、最初の走り出しは息切れしやすくなります。なぜなら最初は、身体が運動に慣れていないからです。また息苦しさは、ランニングに必要な酸素を身体に取り入れるのが、スムーズにできないためです。

さらに、人によって取り込める酸素の量は異なり、体力差としても表れます。その理由は、心肺機能や毛細血管の働きなどが、人それぞれ異なるからです。有名なランニングスポットなどでトレーニングする際、初心者がアスリートに追いつこうとしても、なかなか追いつくことができません。そこには歴然とした体力の差が存在するといえるでしょう。

 

1-2.身体が酸性に傾くため

運動をすると、乳酸という物質が身体に蓄積します。乳酸は、かつて疲労物質とも呼ばれていましたが、乳酸そのものが疲労を感じさせる物質ではないということが、近年では指摘されています。疲労を感じる理由には、乳酸の生成途中において、身体のバランスが崩れ、酸性に傾くことが原因と考えられています。しかし運動中は、乳酸もエネルギーとして消費されるものですので、次第に身体のPH値が本来の状態に戻れば、息切れを感じることは少なくなるでしょう。

 

 

2.こんな人も息切れしやすい

走り始めで息切れを起こす理由には、身体の状態もポイントです。次に紹介する3つに当てはまっていないかも確認しましょう。

 

2-1.肥満ぎみの人

体型によってもかかる負担が異なってきます。肥満ぎみの人は、特に足腰にかかる負担が大きくなり、息切れしやすい傾向があります。ダイエットをするからといって、いきなりランニングに挑戦するよりも、息切れしにくいウォーキングからスタートしてもよいでしょう。

 

2-2.身体に痛みがある人

足や股関節に痛みがあると、その痛みに気を取られて余分なエネルギーを消費してしまいます。その結果、息切れしやすくなることも。運動不足の場合、いきなり走り出してしまうと、痛みを感じるリスクも高めです。以前はそこそこ走れていた人でも過信は禁物。空白期間が長い場合は、無理のないところからスタートしましょう。

 

2-3.貧血ぎみの人

貧血ぎみの場合、日常生活においても息切れやめまいが起こることもあります。もともとエネルギー不足のうえにトレーニングをするのはキケンです。貧血ぎみだと、有酸素運動をするにあたって、酸素をスムーズに運ぶことができなくなり、息切れになりやすいです。サプリメントも活用して、貧血の対策をするのが先です。

 

 

3.走り始めの息切れを少なくする対処法

3-1.最初からスピードを上げない

ダイエットをして痩せるぞ!と意気込んでしまい、走り始めから猛スピード、というのは少し待ってください。最初からトップスピードで走ると、身体が運動に適応できず、息切れの原因になります。

また、ダイエットは続けてこそ効果が期待できるものです。自分に合ったスピードでランニングをしましょう。最初はウォーキングをして、余裕があったらランニングくらいでも構いません。ランニングに慣れてくると心肺機能などが高まり、息切れしても走りながらリカバリーしやすくなってきます。

 

3-2.準備運動で身体を温める

身体に「これから走るぞ」というスイッチを入れてあげる意味もありますが、準備運動をしましょう。身体が走れる状態にならないうちに走り出すと、息切れやケガのリスクも高まります。

準備運動はストレッチのほかにも、その場で程よく心拍数を上げられる、ジャンプ・もも上げなども入れてみましょう。できる人は緩やかな縄跳びもおすすめです。すると、走っていきなり心拍数を上げるよりも、心肺に負担がかかりにくくなります。軽度の有酸素運動を含めた準備運動がおすすめです。

 

 

4.走り始めをうまく乗り越えればどんどん走れる

走り始めの苦しさを乗り越えると、走っているのにもかかわらず、身体が楽に感じる瞬間がやってきます。楽になるまでの時間は、だいたい5~10分ほどとされています。最初のうちは酸素を取り入れるのに身体が追いつかず、体内には二酸化炭素が多くたまりがちですが、5~10分ほど走り続けると、身体が適応してきて酸素も多く取り込めるため、息苦しさから解放されるようになります。

すると、走っていても楽に感じ、どんどん走れるように。息苦しいからといってすぐにやめるよりも、頑張って走り続けると、運動をするのも楽しくなってくるはずです。

 

 

5.まとめ

ランニングで息切れしないためには、身体を慣らしてあげることが大切です。ダイエットなら継続させることも成功への鍵。いきなり早く走るより、自分が走れるスピードで継続するようにしてみてはいかがでしょうか。

Adスポンサーリンク