メンズダイエット・筋トレの情報サイトです。男性向け健康情報をせっせと書いてます。

左
朝型・夜型どちらが生きていく上で得なのか調査してみたメリットいっぱい!体が目覚める朝トレのススメ一流アスリートも実践。体幹トレーニングのメリットとは?サウナ道!略してサ道!サウナの正しい入り方やサウナ効果を調査鍛える部位を日によって分ける、スプリットルーティンとは?効果的に筋肉をつけよう!筋肥大メソッド!スーツがビシッと似合う筋肉の作り方糖質オフ・糖質制限ダイエットの基礎知識アレコレ睡眠負債とは?寝だめは効果ない?ある?調べてみた。男らしい太くたくましい腕の作り方を徹底解説!バナナのこと見くびってた。お前すごいんだってな。ダイエットで挫折しないために!折れないココロを育てる「レジリエンス」を調査ストレスを溜めやすい人のパターンと、ストレス解消法をご紹介基礎代謝って何?正しい理解で肉体改造筋肉痛発生のメカニズムを解説!筋肉痛緩和ケア少しの工夫で健康的に痩せる!痩せる食べ方を伝授男のダイエット入門!まず何から始めれば良いかわからない人へ同じ摂取カロリーで太る人とスリムな人がいる現実…その理由とは?「トレラン」って何?トレイルランの魅力を大追跡!プロテインって何?種類や効果をわかりやすく解説!
右
Adスポンサーリンク

2017.09.15  2017.09.15 1日に20キロカロリー減らせば、1年で体脂肪が1キロ減る。

どうも、管理人です。今回は「塵も積もれば山となる」な、お話です。

タイトルの通り、1日にたった20キロカロリー減らせば、1年で体脂肪が1キロ減るんだって、ふと考えて、、。そうだよねっ!1日に20キロカロリーで良いんだ!って思ったら、日記に書きたくなったので、今書いてます。

20キロカロリーってどのくらいかというと。。

白米:12g

食パン:8g

主食でいうと、この量になります。

めちゃくちゃ少ないですよね。でも、この積み重ねが1年365日続くと、体脂肪1キロ分のカロリーになるのです!

 

1.体脂肪1キロ = 7200キロカロリー

日頃僕たちが摂ってる食事の中には、三大栄養素がありまして、みなさんご存知の

  1. タンパク質(4キロカロリー/g)
  2. 糖質(4キロカロリー/g)
  3. 脂質(9キロカロリー/g)

ですね。

脂質は、油・脂肪ですが、体の中に蓄えられている体脂肪は、脂肪8割+水分2割でできています。なので体脂肪1キロ(1000g)=800gの脂肪と200gの水となります。

脂肪800gのカロリーは、800g×9キロカロリーで、7200キロカロリーなので、体脂肪も7200キロカロリーとなります。

 

2.20キロカロリー×365日=7300

1日20キロカロリーが1年365日続くと、7300キロカロリーとなり、体脂肪1キロ分相当のカロリーになります。

 

3.結論

1日の消費カロリーが摂取カロリーに比べて20キロカロリー高ければ、1年で体脂肪1キロ減になります。こうやって考えてみると、白米12g分のカロリーもバカにできませんね。

ダイエットや減量を考えた時に、日々の積み重ねの大切さが実感できます。

 

4.逆説

逆説的に考えれば、1日に白米12g、ごはん1口分多く食べる生活を1年続けるだけで、1年で1キロ体脂肪が増える事になります。こうやって考えると、かなり怖い印象を受けました。1口分の油断で、体脂肪1キロ増えると思うとゾクゾクしますね。悪い意味で。

これ、10年続けたら、10キロ。

 

5.もっと怖い妄想

仮に、1日ご飯1杯分多く食べる食生活になったら、ご飯1杯140gのカロリーは235キロカロリーなので、235×365日=85775キロカロリー。。85575/7200=約12。

1年で体脂肪が12キロ増える事になります。。こえぇぇぇ〜!

 

「1年で体重が10キロ増えちゃって〜」なんて経験した方って意外に多いのかもしれません。この数字だけ見ると、体脂肪10キロ増は、意外に低いハードルなのかも。

 

6.本当の結論

食事の時、その最後の一口をやめれば、体脂肪1キロ減るかもしれません。

その最後のデザート、1年換算で体脂肪5キロ分相当かもしれません。

食べ過ぎる前に、この記事の数字を思い出して頂ければ幸いです。

 

※仮に、1日の消費カロリーが、過食スタート時点で2000キロカロリーの人が、摂取カロリーが2235キロカロリーの食生活を1年続けたとしたら、1年後に12キロ体重が増えてるかというと、そう言った事にはならないでしょう。なぜなら、過食で体重が増えれば、日頃の基礎代謝や活動代謝なども増えますし(消費カロリーが2000から2200に上がってるかも。)、身体を一定に保つホメオスタシスという機能が本能的に働くので、現実的に考えれば、体重の増加は鈍化していくと思います。

でも、油断は禁物ですよ。

 

終わり。

Adスポンサーリンク