メンズダイエット・筋トレの情報サイトです。男性向け健康情報をせっせと書いてます。

左
同じ摂取カロリーで太る人とスリムな人がいる現実…その理由とは?サウナ道!略してサ道!サウナの正しい入り方やサウナ効果を調査糖質オフ・糖質制限ダイエットの基礎知識アレコレ基礎代謝って何?正しい理解で肉体改造男のダイエット入門!まず何から始めれば良いかわからない人へ「トレラン」って何?トレイルランの魅力を大追跡!一流アスリートも実践。体幹トレーニングのメリットとは?スーツがビシッと似合う筋肉の作り方管理人のホームジムがついに完成!気になる費用などすべて公開!メリットいっぱい!体が目覚める朝トレのススメプロテインって何?種類や効果をわかりやすく解説!ストレスを溜めやすい人のパターンと、ストレス解消法をご紹介筋トレだけで脂肪が燃焼!? EPOC (運動後過剰酸素消費)とは?効果的に筋肉をつけよう!筋肥大メソッド!ダイエットで挫折しないために!折れないココロを育てる「レジリエンス」を調査プロテイン初心者が個人的嗜好で選ぶ!一番美味いプロテインランキング!バナナのこと見くびってた。お前すごいんだってな。リバウンド防止の鍵!体の飢餓状態を防ぐ!鍛える部位を日によって分ける、スプリットルーティンとは?睡眠負債とは?寝だめは効果ない?ある?調べてみた。
右
Adスポンサーリンク

2018.02.18  2017.09.08 ランニング後、半日は体脂肪が燃える。

日々管理人が愛読している雑誌TARZAN(ターザン)で気になったワードがあったので、紹介します。そのワードは「ランニング後、半日は体脂肪が燃える。」です。

1.酸素消費量=エネルギー消費量

そんなに、脂肪燃焼効果が続くのか?と驚いたんですが、実際に研究結果として立証されてるようです。

正確に言うと、運動後12時間程度は、体内の酸素消費量が高い状態が続くということなんですが、体内の酸素消費量が高い状態というのは、エネルギーを消費している状態と解釈できます。その理由は簡単で、人間はエネルギーを消費する際に酸素を使うから。ということです。

酸素を使ってエネルギーを消費しているから、体内の酸素消費量が高い状態は、すなわちエネルギー消費量が高い状態と言い換えることが出来ます。走ったら息が上がるのも、酸素を多く取り込んで体の中で多くのエネルギーを消費する働きによるものだと理解できます。

 

 

2.EPOC(運動後過剰酸素消費量)

運動後の高い酸素消費量のことをEPOC(エポック):運動後過剰酸素消費量 と言います。

下記記事で、筋トレ面でのEPOCについて書いてます。

 

 

3.走行距離が同じなら、どんなペースでも消費カロリーは同じ

TARZANのその記事には、こんなワードもありました。

「走行距離が同じなら、どんなペースでも消費カロリーは同じ」

ということは、10キロを走っても歩いても、運動中に消費するカロリーは同じという事になります。以前、LSDランニングが一番脂肪燃焼効率が高いという記事を書きましたが、効率が良いというだけで、どんな速度でも同じ距離を走る・もしくは歩けばカロリー消費量は同じということです。

じゃあ歩いたほうがキツくないから歩いたほうが良いと思うけど、歩くと時間がかかりすぎてトレーニング効率が悪いですよね。そんな長時間歩くのも、それはそれでキツそうです。

 

 

4.結論:小分けランニングで効率よく脂肪燃焼

「走行距離が同じなら、どんなペースでも消費カロリーは同じ」

ということなら、1日に12キロ一気に走る運動中のカロリーと3日に分けて4キロずつ合計12キロ走る運動中のカロリーは同じということになります。

となると、運動後12時間続く脂肪燃焼効果の恩恵は、前者は1度、後者は3度、受けられるので、3日に分けたほうが脂肪燃焼の観点からはお得だという結論です。なるほどって感じですよね?

ということで、ダイエットを始めたばかりの初級ダイエッターの方は、無理して一気に走らず、小分けに走ることでEPOCを最大限に活用しましょう。歩いてもカロリーは変わらないので、疲れたら歩いて、ゆっくり自分のペースでいきましょう。

 

おしまい。

Adスポンサーリンク