メンズダイエット・筋トレの情報サイトです。男性向け健康情報をせっせと書いてます。

左
一流アスリートも実践。体幹トレーニングのメリットとは?メリットいっぱい!体が目覚める朝トレのススメ朝型・夜型どちらが生きていく上で得なのか調査してみたプロテインって何?種類や効果をわかりやすく解説!プロテイン初心者が個人的嗜好で選ぶ!一番美味いプロテインランキング!リバウンド防止の鍵!体の飢餓状態を防ぐ!効果的に筋肉をつけよう!筋肥大メソッド!筋肉痛発生のメカニズムを解説!筋肉痛緩和ケアサウナ道!略してサ道!サウナの正しい入り方やサウナ効果を調査男のダイエット入門!まず何から始めれば良いかわからない人へ糖質オフ・糖質制限ダイエットの基礎知識アレコレ少しの工夫で健康的に痩せる!痩せる食べ方を伝授ストレスを溜めやすい人のパターンと、ストレス解消法をご紹介基礎代謝って何?正しい理解で肉体改造ダイエットで挫折しないために!折れないココロを育てる「レジリエンス」を調査睡眠負債とは?寝だめは効果ない?ある?調べてみた。バナナのこと見くびってた。お前すごいんだってな。鍛える部位を日によって分ける、スプリットルーティンとは?男らしい太くたくましい腕の作り方を徹底解説!同じ摂取カロリーで太る人とスリムな人がいる現実…その理由とは?
右
Adスポンサーリンク

2018.03.08  2017.07.06 魚に含まれるDHAやEPAなどのオメガ3系脂肪酸のダイエットへの効果

DHAEPAって聞いたことはありますか?お魚に含まれる成分で、まとめてオメガ3系脂肪酸と呼ばれています。オメガ3酸系脂肪酸は私たちにとって必須脂肪酸になり、さまざまな効果を発揮しダイエットにもよいと言われています。今回はオメガ3系脂肪酸のDHAやEPAについて、ダイエットとの関係について解説します。

1.そもそもDHAやEPAってなに?

DHAとEPAはオメガ3系脂肪酸という種類に分類される成分で、主に青魚のなかに多く含まれています。WHO(世界保健機構)やFDA(米国食品医薬品局)等でも摂取することを推進されています。日本でも厚生労働省が2010年に”1日に1g”を摂取することを目安として掲げています。それでは、大切な栄養成分の特徴をそれぞれみていきましょう。

 

 

2.DHA・EPAにはどんな効果があるの?

私たち人間の体は生活習慣によって、血液中の中性脂肪濃度やコレステロール値、血糖値が上昇したりすると、血液はドロドロになっていきます。そのままの状態で放置すると、いずれは動脈硬化高血圧などのトラブルを引き起こしてしまいます。DHAやEPAには、これらの症状を改善する働きがあります。また、DHAは人間の体のなかではEPAからつくられる成分なので、EPAを摂取したらDHAも同時に摂取していることになります。このふたつの成分には似たような効果がありますが、具体的な違いをみていきましょう。

 

2-1.DHAの成分とは?

DHAは脳や網膜などの神経系に豊富に含まれている栄養成分で、血管や赤血球の細胞膜をやわらかくし血液を促す働きがあります。また、神経系に効果を発揮するのはDHAだといわれています。記憶や勉強などに効果があり、脳を活性化する働きがあるので頭の動きが良くなるといわれ、サプリなどにも登場しています。

 

2-2.EPAの成分とは?

EPAも基本DHAと同様の働きをしますが、こちらは高い血小板凝集抑制作業から血栓をつくりにくくすることで、血流を促してくれます。これらの違いから血栓を防いだり、血液を潤滑にする作用はEPAの方が効果があるといわれているのです。

 

 

3.DHA・EPAは同時摂取で効果倍増!

主にEPAは血液に作用し中性脂肪を防ぐ効果があり、DHAは網膜に作用し、記憶や勉強などに効果を発揮する働きがあります。ただし、両方に共通する働きとして、血流精神安定アレルギー予防などへの効果は、具体的な成分の違いはあるものの、別々に摂取するよりも同時に摂取することで、効果は倍増するといわれています。

 

 

4.ダイエット効果との関係は?

ここ数年DHAやEPAを摂取することで、ダイエット効果があると科学的に証明されています。

また、血流がよくなると体温が上昇し、基礎代謝もあがります。基礎代謝が上がることで、痩せやすい体づくりになっていきます。それでは具体的なダイエット効果をみていきましょう。

1.血流促進

2.脂肪燃焼効果

3.食欲抑制

4.筋肉量アップ

 

4-1.血流がよくなる!

血流がよくなると体の老廃物を排出し、むくみを減らす作用があります。つまり、脂肪の敵であるセルライトができにくくなるのです。また、冷え性が改善され、体温が上昇することで脂肪燃焼効果を発揮します。

 

4-2.脂肪燃焼効果がある!

DHAやEPAは脂肪燃焼効果があるので、中性脂肪を減らす作用があります。また、血流を改善し血行がよくなることで、細胞に新しい酸素を供給できるので、脂肪が燃焼され内蔵脂肪を減らしやすくなります。DHAやEPAには、脂肪を燃焼させる成分、リパーゼを働かせることができるのです。内蔵脂肪は生活習慣病の一因となりますので、しっかり燃焼させましょう。

 

4-3.食欲を抑制する働きがある!

EPAにはインスリンの分泌を促すホルモンであるGLP-1を分泌させ、満腹中枢を刺激する働きがあります。そのため、少量の食事でも満足感がありダイエット中は特に心強い働きになります。

 

4-4.筋肉をアップする働きがある!

DHAやEPAにはアミノ酸を再度たんぱく質に合成し、同化作用を促進する働きがあるので筋肉を増やす効果があります。ダイエットに筋肉は無関係と思われるかもしれませんが、筋肉を増やすことで脂肪燃焼効果が働くので、筋肉量が多い人の方がカロリー消化も多く、結果的に痩せやすい体づくりにつながっていくのです。

 

 

5.DHA&EPAを効率よく摂取するために

それでは早速、摂取するとなると、なにから効率よくとれるのでしょう。主な食材はお魚ですね。なかでも、さんまやいわし、マグロなどの青魚にたくさん含まれています。ただし、魚が苦手な方や肉類が好きな方、または忙しくて魚料理が作れないという方には、DHAやEPAなどのサプリメントを利用してもよいでしょう。

 

 

6.DHA&EPAで健康的に脂肪燃焼しよう!

DHAとEPAは両方同時に摂取することで、さらに効果が倍増します。ヘルシーな青魚を食べて、体のなかから中性脂肪を減らしていきましょう。健康的なダイエットで引き締まった体を手に入れてみませんか?

Adスポンサーリンク