メンズダイエット・筋トレの情報サイトです。男性向け健康情報をせっせと書いてます。

左
糖質オフ・糖質制限ダイエットの基礎知識アレコレリバウンド防止の鍵!体の飢餓状態を防ぐ!睡眠負債とは?寝だめは効果ない?ある?調べてみた。夏に走る「夏ラン」の基礎知識アレコレホームジムの作り方!費用はパワーラック・床・鏡で総額〇〇〇万円ストレスを溜めやすい人のパターンと、ストレス解消法をご紹介筋肉痛発生のメカニズムを解説!筋肉痛緩和ケアバナナのこと見くびってた。お前すごいんだってな。少しの工夫で健康的に痩せる!痩せる食べ方を伝授朝型・夜型どちらが生きていく上で得なのか調査してみた同じ摂取カロリーで太る人とスリムな人がいる現実…その理由とは?鍛える部位を日によって分ける、スプリットルーティンとは?一流アスリートも実践。体幹トレーニングのメリットとは?効果的に筋肉をつけよう!筋肥大メソッド!筋トレだけで脂肪が燃焼!? EPOC (運動後過剰酸素消費)とは?プロテイン初心者が個人的嗜好で選ぶ!一番美味いプロテインランキング!男のダイエット入門!確実に痩せる最短距離にして王道の方法メリットいっぱい!体が目覚める朝トレのススメ基礎代謝って何?正しい理解で肉体改造スーツがビシッと似合う筋肉の作り方
右
Adスポンサーリンク

動脈硬化や脳卒中の原因?コレステロールって悪いモノなの?

2018.01.11

コレステロールが高くなり、動脈硬化や脳卒中を引き起こすという話を聞くと、おそろしいですよね。しかし、コレステロールは身体になくてはならない大切なモノでもあるのです。なぜ悪いモノという認識が広まってしまうのでしょうか。またLDLとHDLのコレステロールの違いについてもお伝えします。

1.コレステロールは悪いモノ?

コレステロールは、細胞膜を構成する脂質で、身体になくてはならないものです。そのため、コレステロールそのものが、身体に悪いモノという認識は間違いです。イタリアの研究グループの発表による身体にある細胞の数は、37兆個。数えきれないほどの細胞が、身体を作るために存在しているのです。コレステロールが不足すると、身体の機能にも影響を及ぼしそうだということが、イメージできるのではないでしょうか。

ところでなぜ、コレステロールが悪いモノという情報が認知されているのでしょう。ダイエットをするなら、脂を連想させるコレステロールを見直さなきゃと思う人も多いですね。ダイエットとの関連性もみていきたいと思います。

 

 

2.コレステロールは増えすぎが問題

コレステロールが身体に悪い影響を及ぼすのは、量が増えすぎた時です。コレステロールが増えると、血液中のコレステロール値が上がります。コレステロールが血管内に多くなると、「ドロドロ血」と呼ばれる脂肪分が多い血液に。さらにドロドロ血は血流の流れも滞らせ、そこから動脈硬化などを引き起こすことが考えられています。コレステロールの量は、血液検査で調べることができます。日本人間ドック学会による、健康診断の総コレステロール値で男性の基準値は151~254mg/dl。たとえば、痩せていてもコレステロールが高いのであれば、肥満でコレステロールが高い人と同じリスクがあるといえます。

健康診断でコレステロール値が基準範囲外になっている人は、何らかの対策をしたほうがよいことになりますね。ところでコレステロールには、LDLHDLといった聞き慣れない言葉も。そこでそれぞれの意味や働き、上昇時のリスクなども考えていきたいと思います。

 

 

3.コレステロールの種類

3-1.LDLコレステロール

悪玉コレステロールと呼ばれているLDLコレステロール。言葉の響きから、身体に悪そうなイメージも受けますが、LDLコレステロールも必要不可欠なモノです。ところでコレステロールは、体内で作られるのが7割、食事からは3割を摂取しています。LDLコレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを、各器官に運ぶ働きをしているのです。

しかしLDLが増えすぎると、血液中にコレステロールが残りやすくなり、動脈硬化などの病気を引き起こすリスクがあります。一方、少なすぎると肝硬変などのリスクもあることから、LDLも基準値かどうかが大切になります。日本人間ドック学会によると、LDLコレステロールは60~119mg/dlが正常と診断されています。

 

3-2.HDLコレステロール

善玉コレステロールと呼ばれ、身体に必要のないコレステロールを回収して、肝臓に戻す役割をしています。ドロドロ血が流れている血管の壁には、不必要なコレステロールが蓄積してしまうおそれもあります。しかし、HDLコレステロールの働きがあれば動脈硬化などのリスクも低くなります

日本人間ドック学会によるHDLコレステロールの基準値は、40~119mg/dl。基準値を目安にして、ダイエットにも励んでみてはいかがでしょうか。そこで、コレステロールを意識した運動や食事についても考えてみたいと思います。

 

 

4.コレステロールを生活習慣から改善しよう

4-1.運動面は有酸素運動がポイント

肥満や運動不足は悪玉コレステロールが多くなり、善玉コレステロールが少なくなってしまいます。つまり、運動をしながらダイエットをすることは、HDLコレステロールをアップさせ、健康的に痩せることができるということに。

コレステロールを下げる運動には、有酸素運動がおすすめ。ウオーキング、ジョギング、スクワット、ヨガ、水泳などがよいでしょう。できれば20分以上は続けてください。また毎日やる必要はなく、1~2日おきでもよいので、無理をせず続けることが大切です。

 

4-2.食事面ではよい油を選んで

食べ物でも、糖質の高いもの、脂の多い食事を避けるようにし、不必要な油は摂りこまないようにします。ちなみに、油といっても身体によい油もあります。魚に含まれるEPA、亜麻仁油、しそ油などは動脈硬化を抑える働きをします。食事に取り入れるのが難しい場合は、サプリメントで補いましょう。

 

 

まとめ

コレステロールが増えすぎると、さまざまな病気につながってしまいます。また肥満の場合は、コレステロール値が高めになることから、病気のリスクも高まりがち。まずはコレステロールが基準値にあるかどうかをチェックしましょう。生活習慣も関係していますので、数か月のスパンでダイエットなどに臨む必要があります。適切な食事や運動を試みてください。

Adスポンサーリンク